まちゼミ@東青梅

こちらのゼミは終了いたしました

参加してくださった皆様、ありがとうございます。


無料講座のまちゼミを開催します!

2019年10月16日(水)の午前10:00から、東青梅の Begin!(会場の地図はページ末尾をご覧ください)にて、まちゼミ無料講座を開催することになりました!まちゼミとは、会社の担当者や店主などが講師となり、専門知識やプロのコツを無料で提供することで、地域の活性化に貢献しようという取り組みです。

株式会社アユタスでは、2019年の青梅まちゼミに参加させていただくことになりました。講座タイトルは「青梅こそ在宅ワーク!在宅翻訳者を目指すあなたへ」です。お申し込みは、shool@ayutas.com までお願いします。お名前と、もしよろしければ、英語や翻訳に関するバックグラウンドなどを添えていただけると助かります。

謎に包まれた在宅翻訳という職業

「英語の仕事」「在宅で働ける」という2つの要素から「在宅翻訳」という職業を思い浮かべる方は多いと思います。では「在宅の翻訳」と聞いて、どんなことをイメージしますか?たくさんの辞書や参考資料に囲まれ、原稿用紙に向かう姿でしょうか?それとも、おしゃれなカフェにノートパソコンを持ち込んで優雅にキーボードをたたく様子でしょうか?ひょっとして、翻訳したファンタジー小説がベストセラーになって優雅な印税生活を送るとか・・・?

翻訳者という職業は、ある意味ではわかりやすい(思い浮かべやすい)一方で、意外と身近にはいないようです。 私は、在宅で翻訳をするようになってから10年以上が経ちますが、その間に多くの人から様々な質問を投げかけられてきました。「じゃあ英語はペラペラなの?」「帰国子女なの?」「生活は昼夜逆転?」「子どもと遊びながら仕事してるの?」「やっぱりミステリの翻訳?」「通勤しないと運動不足になる?」「印税生活してるの?」などなど・・・。私の場合、これらの質問の答えは、「運動不足」を除いて、すべて「ノー」です。

理想と現実、包み隠さずお話しします。

アユタスでは実務翻訳者を養成する翻訳講座を開催しています。しかし、実際の在宅翻訳者がどのようなスタイルで仕事をしているのか、どのような生活をしているのかを知らないまま翻訳者を目指すわけにはいきません。あまりに理想化しすぎて、実際にお仕事をするときに「こんなはずじゃなかった」となってしまうのでは残念ですし、反対に「私にもできそう!」と思っていただければ挑戦するきっかけにもなります。このまちゼミ無料講座では、実際の翻訳者である私がどのように仕事を受注・納品し、どんなスタイルで働いているのかをお話しします。また、典型的な1日のタイムスケジュールなどもご紹介したいと思います。

翻訳は腕一本の仕事です。仕入れや設備投資がほとんどいらず低コストで始められます。英語に自信がある方、在宅ワークに興味があるという方、在宅翻訳の暮らしをのぞいてみませんか?お申し込みは、shool@ayutas.comまでお願いします。お名前と、もしよろしければ、英語や翻訳に関するバックグラウンドなどを添えていただけると助かります。

日程、会場、アクセス

開講日:10月16日(水)
時間:午前10:00~11:00
対象:在宅翻訳に興味のある方
持ち物:筆記用具があると便利です
講師:株式会社アユタス代表 現役翻訳者 五野上 良
費用:無料
希望する方には翻訳の課題文にチャレンジしていただきます。

申し込み: shool@ayutas.com までメールにてお申し込みください

会場:
おうめ創業支援センター Begin!
198-0042 東京都青梅市東青梅1-2-5 東青梅センタービル1F (JR青梅線東青梅駅から徒歩2分)

バスの時刻表についてはこちらをご参考になさってください。

この講座は、「在宅翻訳者」の仕事と生活の様子をご紹介するものです。具体的な翻訳技術を学ぶには「翻訳者デビュー講座(前期)@東青梅」の講座をご受講ください。